八王子市にて屋根葺き替え工事

その他施工

先日、八王子市にて行った屋根葺き替え工事の様子をお届けいたします。

まずは既存の屋根を撤去し、ルーフィングシートを張っていきます。

雨漏りが起こると、最悪の場合このルーフィングの下の下地板や建物の構造物にまで腐食が及んでしまいます。そうなってしまうと修繕費も高くなってしまいますので、屋根材の状態が比較的良好なうちに屋根のメンテナンスを行うことが、お住まいの寿命をなるべく安く、確実に伸ばすことに繋がるのです。

そんなルーフィングですが、安価なものの中には材質が薄くペラペラしており、基準値がとても低いものもあります。ルーフィングは平米あたり数百円でグレードアップが可能で、およそ数万円(3万円から4万円程度)の出費で高品質の製品をお選びいただくことができるとてもコストパフォーマンスにとても優れた建材です。上述の通り、ルーフィングは最終的に雨漏りを防いでくれる大切な建材です。そのため、雨漏りのリスクを軽減させるために少しでも高品質なものを選ぶことをお勧めいたします。

ルーフィングを張り終えたら、新しい屋根材を設置します。

続いて、屋根の棟板金を取り付けます。

棟板金は屋根頂部の保護という大事な役割を担っておりますが、頂部だからこそ風の影響を受けやすく被害が出やすい部位でもあります。もし強風に煽られ外れてしまった場合、近隣への被害だけでなく、最も風雨に晒される頂部が露出してしまうことで雨漏りが発生してしまう事もあります。必ずしも雨漏りが起きるということではありませんが、ルーフィングに開いた釘穴から雨水が入り込むリスクが高まります。そのような被害を招かぬよう、しっかりと板金を固定していきます。

こちらが大屋根完成の様子です。

続いて、下屋根も大屋根と同様に施工します。

山田工芸は隅々まで的確な屋根診断を行い、住まいにとって必要な工事を適切にご提案し、たしかな技術で施工いたします。
八王子市をはじめ東京都の屋根修理・屋根葺き替え工事は山田工芸にお任せください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました