横浜市磯子区にて屋根上葺き工事 〜大屋根施工〜

各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了屋根修理

先日、横浜市磯子区にて屋根上葺き工事を行いました。
本日はそちらの現場の様子をお送りいたします。

まずは施工前の様子です。

施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子

現状雨漏りなど大きな被害は発生していませんが、屋根材表面の色褪せが進んでいます。
急を要するメンテナンスは必要ありませんが、何も被害が出ていない内にメンテナンスをすることが屋根に関しては重要となります。
雨漏りなど大きな被害が発生してしまうと、屋根だけでなく建物内部まで修繕しないといけないケースが多く、修繕費用は高額になります。
大きな被害が出る前にメンテナンスを行い、後々のメンテナンスコストを抑える。
これが屋根、そして建物全体の寿命を延ばす上でも大切です。

そして、屋根メンテナンスとして皆様によく選ばれる工法が屋根上葺き工事です。
上葺き工事は雨漏りなどの被害がすでに発生している屋根への施工には向きません。
今回のように、大きな被害が出る前に葺き替え工事と比べて費用を抑えつつ、屋根の機能を蘇らせるための工法となります。

まずは既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます。

既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます 既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます 既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます 既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます 既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます 既存屋根の上にルーフィングを敷いていきます

既存屋根をそのまま下地として活用し、その上からルーフィングを敷いています。
これが上述のように雨漏りなどの被害がすでに発生している屋根への施工には向かないとお伝えした理由です。
雨漏りが発生している場合には、まずは既存屋根を取り外しその下に敷いてある下地、ひどい場合には建物内部まで修繕する必要があり、既存屋根をそのまま利用することができません。
そして、それこそが上葺き工事が葺き替え工事より費用を抑えることができる要因にもなります。

ルーフィングを敷き終えれば、続いて新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます。

新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます 新しい屋根となる屋根材本体を葺いていきます

棟板金を取り付け、各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了です。

各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了 各所コーキング工事を行い、これで大屋根施工が完了

ここ横浜市をはじめ全国的にゲリラ雷雨が多発しており、なかなかスムーズに工事が進まない日々が続いております。
屋根は屋外作業であり、雨に直結する工事でもあるので慎重に、でも確実に作業を進めていく必要があります。
引き続き現場の様子をお送りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました