相模原市緑区にてベランダ防水塗装

屋根修理

先日、相模原市緑区にて行ったベランダ防水塗装の様子をお届けいたします。

こちらの現場は前回ご紹介した屋根上葺き施工と同じ現場で、防水塗装のご依頼もお受けいたしました。

 

こちらが施工前の様子です。

全体的に汚れがあり、撥水性も低下していました。ベランダも外壁や屋根と同様、塗装の劣化が見られたら塗り替える必要があります。防水塗装、ベランダの床部分に雨が浸透するのを防ぐために行われます。雨が浸透すると、下の階への雨漏りにつながったり、床材そのものが脆くなることでひび割れにつながったりするからです。

今回使用したのはアトレーヌ防水性剤です。

コンクリートやモルタルを漏水、劣化から守る防水塗料で、従来の無溶剤タイプと同等以上の性能を持ち、しかもホルムアルデヒド、トルエン、キシレンを含まない環境対応型です。

早速塗装をしていきます。

ベランダ・バルコニーの床面は基本的に、下地の上に「防水層」を作り、その表面に「トップコート」を塗ることで構成されています。

ベランダの塗装はなるべくこまめに塗り替えをすると、結果的に費用が安くなることが多いです。何故ならトップコートよりも防水層、防水層よりも構造用合板の方の修繕費が高いからです。より安い段階で修繕をして内部の損傷を防ぐことが、費用を抑えながらお住まいを守ることにつながります。

そのため、表面の色褪せ、塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ、水のたまり、植物や藻の繁殖、雨漏りなどの症状がベランダに現れた際は、早めに塗装をご検討されることをおすすめいたします。

 

こちらが施工後の全景です。屋根は大屋根、下屋根ともに上葺き施工をし、ベランダは防水塗装を行いました。

屋根リフォームを行う際、今回のようにベランダ塗装も行えるのが、屋根職人・塗装職人が揃う山田工芸の強みです。

屋根リフォームに合わせ、お住まいで塗装をご検討中の箇所がある場合でも山田工芸はお客様のご要望に合わせて柔軟に対応させていただきます。

相模原市をはじめ、神奈川県の屋根工事は山田工芸にお任せください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました