横浜市瀬谷区にて屋根上葺き工事 〜大屋根施工〜

大屋根の施工が完了屋根修理

先日より、横浜市瀬谷区にて屋根上葺き工事に着工しております。
本日はそちらの様子をお送りいたします。

まずは施工前の様子、また棟板金を外した際の様子です。

施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子

割れや破損など致命的な不具合はありませんが、全体的に色褪せ、部分的に経年劣化が見受けられます。
特に棟は雨風の影響を受けやすい箇所なので、棟板金の下は経年劣化が進んでいるのがわかります。

屋根のメンテナンスは早め早めに、建物に被害が出る前に行うのが鉄則ですが、それはこの屋根上葺き工事も同じです。
上葺き工事は葺き替えと比べて工期も短く、施工費用も抑えることができる人気の屋根リフォームですが、いつ行うのかが非常に重要となります。
なぜなら、上葺き工事は雨漏りなど建物に甚大な被害が発生していれば施工することができません。
その場合は上葺き工事ではなく葺き替え工事を行い、屋根下地やルーフィングの張り替えまで行います。
となると、屋根リフォームにかける費用が高くなってしまう訳ですね。
目に見える被害が発生していなくても、10年〜15年程度で屋根診断を行い、早め早めにメンテナンスしてあげるのが、建物の寿命を延ばす意味でも費用を抑える意味でも効果的です。

既存屋根の上からルーフィングを張っていきます。

既存屋根の上からルーフィングを張っていきます 既存屋根の上からルーフィングを張っていきます 既存屋根の上からルーフィングを張っていきます

この屋根上葺き工事では、既存の屋根はそのまま屋根下地として利用します。
ここが葺き替え工事との大きな違いとなり、既存屋根をそのまま利用するからこそ既存屋根材の撤去費用が発生せず費用を抑えることができる訳です。
また、既存屋根と新しい屋根材の二重構造となるため、断熱性の向上や雨音などに対する遮音性の向上も期待できます。

続いて、新しい屋根材を張っていきます。

新しい屋根材を張っていきます 新しい屋根材を張っていきます 新しい屋根材を張っていきます 新しい屋根材を張っていきます 新しい屋根材を張っていきます 新しい屋根材を張っていきます

屋根上葺き工事では、ガルバリウム鋼板など軽量な金属屋根材を用いることが多いです。
上述のように上葺き工事では屋根が二重構造になりメリットもありますが、同時に屋根が重たくなるというデメリットもあります。
屋根が重たくなるともちろん建物筐体に対して負担がかかりますし、地震の際の揺れの影響を受けやすくなってしまいます。
そこで、できる限り屋根重量を増やさないために、軽量な屋根材が用いられるのです。

屋根材を張り終えれば、続いて棟の下地となる貫の取り付け、そして棟板金の取り付けと作業を進めます。

貫の取り付け、棟板金の取り付け 貫の取り付け、棟板金の取り付け 貫の取り付け、棟板金の取り付け 貫の取り付け、棟板金の取り付け 貫の取り付け、棟板金の取り付け

一昔前までは貫は木製の建材が使用されていましたが、雨風の影響を受けやすい棟という箇所から、雨水による腐食が起こりやすいというデメリットがありました。
しかし今日では、腐食の起こらない樹脂製の貫が主流となりつつあります。
棟は屋根の頂上部分になるため、雨の影響はもちろん風の影響も受けやすく、強風の後には「棟が飛ばされた」「棟が浮いた」という被害も起こりやすい箇所です。
そんな屋根の中でもデリケートな部分だからこそ、腐食が起こらない建材というのは安心ですね。

最後に、棟板金の隙間をジョイントコーキングし、これにて大屋根の施工が完了です。

大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了 大屋根の施工が完了

引き続き、現場の様子をお送りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました