狭山市水野にて屋根上葺き工事 〜下屋根施工・完工〜

屋根材本体を取り付けていきます屋根修理

先日より、埼玉県狭山市にて屋根の上葺き工事に着工しております。
前回で大屋根の施工は完了していますので、本日は下屋根施工から完工までの様子をお送りします。

まずこちらが下屋根の施工前の様子です。

下屋根の施工前の様子 下屋根の施工前の様子

大屋根と同じく、こちらも色褪せが進行しており、屋根材が劣化しているのが見て取れます。
ただし、あくまでも表面の屋根材のみの劣化で下地部分はまだまだ問題無さそうですので、今回は既存屋根をそのまま下地として活用する上葺き工事を選んでいます。
まず、既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます。

既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます 既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます 既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます 既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます

続いて、唐草、ケラバ、捨て谷を取り付けます。
皆様も「軒先」は建物の箇所として耳にすることがあると思いますが、ここに取り付けられるのが「唐草」で、軒先に流れてくる雨水を雨樋に誘導したり、軒先の木材を雨水から守ったりする役割があります。
また、「ケラバ」は部材名ではなく、屋根の場所を示す建築用語で、切妻屋根や片流れ屋根で斜めになっている側の、外壁から出ている部分をケラバと言います。
軒の雨樋が付いていない側と捉えると分かりやすいかもしれません。
「捨て谷」は、壁際に金属板を敷き、万が一雨水の浸入があったときの防止策とする谷のことを指します。

屋根材本体を取り付けていきます 屋根材本体を取り付けていきます 屋根材本体を取り付けていきます 屋根材本体を取り付けていきます

タフモック、唐草、ケラバ、捨て谷、雨おさえを取り付けて下屋根が2箇所完工 タフモック、唐草、ケラバ、捨て谷、雨おさえを取り付けて下屋根が2箇所完工 タフモック、唐草、ケラバ、捨て谷、雨おさえを取り付けて下屋根が2箇所完工 タフモック、唐草、ケラバ、捨て谷、雨おさえを取り付けて下屋根が2箇所完工

次に、エコグラーニ本体、タフモック、雨おさえ、棟の順に取り付けていきます。

今回使用した屋根材は、株式会社ディートレーディングから販売されている「エコグラーニ」です。
エコグラーニはジンカリウム鋼板と呼ばれる材質に分類されていおり、表面に天然の石粒がコーティングされているといった特徴を持っています。
そのため、経年による大きな色褪せが起こりにくく、長期にわたり美観保持が期待できます。
メーカーのアナウンスでは、トタン屋根に比べて3~6倍の耐久性が確認されています。
また、エコグラーニは軽量な屋根材ですので、耐震性能が向上するのも大きなメリットですね。

また今回、貫板は腐食に強いKMEW社のタフモックという樹脂製の貫板を使っています。
「雨おさえ」という言葉に聞き覚えがある方は少ないかと思いますが、屋根と壁の取り合い(つなぎ)の部分を「雨おさえ」と呼びます。
ここも雨漏りが起こりやすい部分なので、確実な施工が必要となる箇所です。

ここまでで下屋根二箇所の内、一箇所目の作業が完了です。

この日は日暮れを迎えたので、残りの作業は翌日になりました。

 

明けて翌日、前日と同様にルーフィング張り〜棟取り付けまで作業を進めていきます。
最後に縦樋の調整を行い、これですべての下屋根施工が完了となり、こちらの現場の屋根上葺き工事完工となります。

上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了 上葺き工事2日目、これですべての施工が完了

先日もお伝えしましたが、不具合に気づいたら早めに対処するのが屋根工事の鉄則が、屋根材の色褪せもその不具合の一つです。
ご自身のお住まいの屋根を一度じっくりご確認いただき、もし色褪せがひどい場合は今回のように上葺き工事などメンテナンスを検討してみてください。
埼玉県をはじめ、神奈川・東京など関東一円での上葺き工事、屋根メンテナンスは山田工芸にお任せください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました