横浜市港南区にて屋根修理 ~カバー工法~

屋根修理

こんにちは。

山田工芸、広報担当です。

先日より横浜市港南区にて行っている屋根修理(カバー工法)の様子です。

お客様より、台風により隅棟が剥がれてしまったとのことでご連絡を頂いた現場です。

現場調査の結果、築30年を超えており、部分的な修理だけではすぐにダメになってしまう可能性が高いため、屋根全体の修理(カバー工法)と外壁塗装工事も一緒に行います。

※山田工芸は外壁塗装工事も全て自社施工です。屋根工事、外壁塗装工事には足場が必要なため、一緒に行うことでコストダウンが可能です。

 

施工前の様子です。

写真のように、棟も屋根材本体もかなり劣化が進んでいました。

雨漏りは棟の剥がれや屋根材本体の傷などから徐々に雨水が侵入してきます。

 

棟板金を剥がし、貫も取り除きます。

    

 

そして新調したルーフィングを貼ります。屋根の形状に合わせて加工してから行います。

     

 

続いて屋根材本体の張り上げを行います。

    

 

新調した貫のタフモックも取り付けます。

  

 

そして施工完了の様子です!

山田工芸は葺き替えからカバー工法まで屋根に関する工法全般、そして多様な屋根材をご用意しています。

現場調査、御見積書は無料ですのでお気軽にお申し付けください。

コメント