横浜市の屋根修理・雨漏り修理業者 山田工芸

株式会社 山田工芸は神奈川県横浜市・相模原市を中心に、雨漏り修理、屋根リフォーム、屋根葺き替え・葺き直し、カバー工法、屋根軽量化工事、雨樋工事、板金工事などを行っております。
確かな技術と丁寧な作業、そして何より、「安心!満足!信頼!」をモットーに、お客様一人一人の屋根に関する悩みを解決させていただきます。

トップページ > 屋根修理の豆知識 > 屋根の「カバー工法」とは?

横浜市の屋根修理・雨漏り修理業者が教える屋根修理の豆知識

屋根の「カバー工法」とは?

屋根の「カバー工法」とは?

屋根工事・屋根リフォームにおいて、「カバー工法」と呼ばれるものがあります。
「カバー工法」とはその名前の通り、既存の屋根材の上から新しい屋根材でカバー(重ね張り)する工法となります。
よく工事を比較検討される「屋根葺き替え工事」と比べても工事金額を抑えることができるため、近年人気の工法となります。

それでは、「カバー工法」について詳しく見ていきましょう。

屋根の「カバー工法」とは?

「カバー工法」とはその工法名の通り、既存の屋根は解体・撤去せず、既存屋根の上に新しい屋根材を重ね張りする工法となります。
既存屋根と新しい屋根材の二重構造となるため耐熱性に優れ、「葺き替え工事」の際に必要な既存屋根の解体・撤去費用もかからないので、工事費用を抑えることができます。

「カバー工法」は近年人気の屋根工事・屋根リフォームで、山田工芸でもカバー工法用に軽量かつ耐久性のあるガルバリウム鋼板など、数多くの屋根材を取り揃えております

「工事の費用をできるだけ抑えたい」「屋根の痛みがそんなに激しくはない」といった場合には「カバー工法」がおすすめです。

以下で、「カバー工法」のメリット・デメリットをまとめてみました。

屋根カバー工法のメリット

・工事費用を大きく抑えることができる

「カバー工法」は上述の通り、既存の屋根の上から新しい屋根材を重ね張りする工法です。
そのため、既存の屋根は解体・撤去せずそのまま利用することとなります。

既存屋根を再利用するので「葺き替え工事」では発生する既存屋根材の撤去・処分費用が発生しないため、「葺き替え工事」と比較しても大きく工事費用を抑えることができるのです。

・短期間で施工することができる

「葺き替え工事」では、既存屋根を解体し地上に降ろす手間がどうしても発生します。
既存の屋根材全てを取り外し地上に降ろす作業だけでも丸一日、場合によってはそれ以上かかることもあります。

一方、「カバー工法」では既存屋根はそのまま利用するので解体・撤去の必要が無く、その分工事期間を短縮することができるのです。

屋根カバー工法のデメリット

・下地が傷んでいる場合は施工そのものができない

下地が傷んでいる場合、施工そのものを行うことができません。

もし、強引に工事を進めてしまえば、屋根表面は新品なのに内部はボロボロというチグハグな状態になってしまいます。
そうなれば、新しい屋根材の隙間から入り込んだ雨水が建物内部へと浸入してしまい、結局雨漏りの発生リスクが高まってしまいます。

下地まで傷んでしまっているような状態では、「カバー工法」より「葺き替え工事」が必要となります。

・一度カバー工法を行なった屋根には施工できない

瓦屋根には施工を行うことはできません。
また、過去にカバー工法を行なったことがある屋根にも施工することができません
一度カバー工法を行なった屋根はすでに二重構造になっており、さらにその上から屋根材を重ねることはできないのです。

・屋根が二重構造になるため、耐震性が損なわれる

「カバー工法」を行えば、屋根が二重構造となるため、屋根全体の重量が増えてしまいます
屋根が重くなればなるほど建物の重心は高くなるため、地震の際に揺れの影響を大きく受けてしまいます。

屋根材の耐久性は向上するため、地震が起こっても屋根材が崩れたり落ちて来たりといったリスクは軽減されるかもしれませんが、揺れに対しては弱くなってしまうのです。

カバー工法しか勧めてこない屋根修理業者に注意

当然のことですが、屋根の状態は建物一軒ごとに異なります。
そのため、屋根の状態によっては「カバー工法」を検討していたのに「葺き替え工事」を勧められたというケースも出てきます。
それは、屋根修理業者が屋根の状態を確認した上で、「カバー工法」より「葺き替え工事」の方が適している、もしくは必要と判断したためです。

しかし、中には「カバー工法しか勧めてこない業者」が存在します。

その理由として、

・「カバー工法」は「葺き替え工事」と比べて工事費用が安く、勧めやすく受注しやすい
・屋根修理業界に参入したばかりで「葺き替え工事」の経験が乏しく、「葺き替え工事」自体ができない
・下地にアスベストが含まれる場合、「アスベスト処理」が必要となるが、処理に必要な資格を持っていない

など様々ですが、どれもネガティブな理由ばかりです。

本当の屋根修理職人であれば、皆さんの屋根に最も適した工法を勧めるべきです。
それなのに「カバー工法」しか勧めてこないというのは何かしら訳があるからです。

打ち合わせの段階で、カバー工法しか勧めてこない屋根修理業者には注意しましょう