横浜市保土ヶ谷区にて屋根上葺き・防水工事

屋根修理

先日、横浜市保土ヶ谷区にておこなった屋根上葺き・防水工事の様子をお届けいたします。

まずは屋根の上葺きを行うために、表面の高圧洗浄を行います。上葺きでは、既存の屋根材をそのまま活用するため表面にできてしまっているカビや汚れを落とさなければいけません。

洗浄が乾きましたらルーフィングを敷いていきます。

既存の屋根がまだ使える場合、既存屋根の上からルーフィングを張り、屋根をそのまま下地として使うのが上葺き工事になります。
こうすることで既存屋根の撤去費用もかからず、葺き替え工事と比べて工事費用を大きく抑えることができます。
これも早めにメンテナンスを行うメリットと言えるでしょう。

ルーフィングを張り終えれば、続いて新しく屋根材を葺いていきます。

棟板金の取り付けを行い、これにて大屋根は施工完了です。

続いて下屋根の施工です。

下屋根も大屋根と同じく、下地部分は腐食などの問題が無さそうですので今回は既存屋根をそのまま下地として活用する上葺きで施工を進めていきます。
まず、既存の屋根の上から新たにルーフィングを張り、続いて屋根材を施工します。

屋根が終わりましたら、ベランダの防水塗装に入ります。

まずは屋根と同様高圧洗浄をおこない、サンダーがけをしたあとアセトン清掃をします。

このアセトン清掃では、アセトンで拭き掃除をします。FRPの表面にあるワックスの油膜成分を拭き取り作業のことです。このアセトン作業はとても大切で、しっかり拭き取らないとプライマーを塗っても剥がれてしまい長持ちしません。

アセトン清掃が終わりましたら、塗料を塗っていきます。

ベランダは、床部分に雨水が浸透するのを防ぐために防水塗装をする必要があります。

雨が浸透すると、下の階への雨漏りにつながったり、床材そのものが脆くなることでひび割れにつながる恐れがあるのです。

ベランダの防水塗装は一般的に、下地である床材のうえに塗料を重ねて塗ることで「防水層」を作り、その表面にさらに防水層を守るための「コーティング専用の塗料」を塗ることで構成されます。

ただ、このように二重の構成にしても、新築時の防水効果が永続的に続くことはなく、紫外線や風雨にさらされることでコーティング部分や防水層が劣化していくため、定期的に防水工事を実施する必要があるのです。

表面の色褪せ、塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ、水のたまり、植物や藻の繁殖、雨漏りなどの症状がベランダに現れた際は、早めに塗り替えをおこないましょう!

塗料が乾きましたら、これにて施工完了です。

この度は、山田工芸にご依頼いただき誠にありがとうございました。

横浜市をはじめ、神奈川・東京など関東一円での塗装工事・屋根メンテナンスは山田工芸にお任せください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました