横浜市にて屋根葺き替え工事

屋根修理

先日、横浜市にて行った屋根葺き替え工事の様子をお届けいたします。

まず、既存の屋根材を撤去し、屋根を平な状態にします。

この時点で屋根には下地しか残っていません。

次に、新しい下地板を設置し、その上からルーフィングをはります。

「ルーフィング」という言葉に聞き慣れていない方も多くいらっしゃると思います。ルーフィングは別名「防水シート」というもので、屋根表面の屋根材(瓦やスレートなど)の下から屋根を守る役割を持つもののことです。

では、一体何から屋根を守っているのかというと名前から想像がつく通り、雨水から屋根を守っているのです。

屋根は一年中雨風にさらされており、天候の影響を一番に受ける場所です。それゆえ屋根材はあらゆる自然条件から建物を守るために耐久性や耐候性、防水性などの機能が備わっていないといけません。もちろん屋根材のそれらの機能は屋根からお住まいを守るためにしっかり設計された上で作られています。しかし、万が一にも屋根材が破損した場合や、ビスが緩んで取れてしまった場合、屋根材の隙間から雨水が侵入してしまうなんてことも起こりかねません。また、屋根材の破損は普段なかなか目にすることのない屋根の上で起こることですので、残念ながらなかなか気づきにくいのです。

雨漏りが起こると、最悪の場合ルーフィングの下の下地板や建物の構造物にまで腐食が及んでしまいます。そうなってしまうと修繕費も高くなってしまいますので、屋根材の状態が比較的良好なうちに屋根のメンテナンスを行うことが、お住まいの寿命をなるべく安く、確実に伸ばすことに繋がるのです。

話が少し逸れてしまいましたが、ルーフィングは先程お話したような万が一の時に屋根材の下から屋根を守る二次防水としての機能を持っています。そのため、隙間ができぬようきっちり丁寧にルーフィングを敷いていきます。

続いて、新規屋根材、役物などを取り付けます。

こちらが完成の様子です。

今回のように、地面と方向に屋根材を葺く施工方法を、横葺きと呼びます。

横葺屋根のメリットとしては、デザインが豊富、複雑な地形でも施工が可能、横葺きのスレートの上に重ね葺きが可能、断熱材一体型のものがあるといったものが挙げられ、さまざまな住宅屋根の施工に用いられている工法です。

山田工芸は隅々まで的確な屋根診断を行い、住まいにとって必要な工事を適切にご提案し、たしかな技術で施工いたします。
横浜市をはじめ神奈川県内の屋根修理・屋根葺き替え工事は山田工芸にお任せください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました