埼玉県狭山市にて屋根上葺き工事 〜着工・大屋根施工〜

大屋根は上葺き工事施工完了屋根修理

先日より、埼玉県狭山市にて屋根の上葺き工事に着工しております。
本日よりそちらの現場の様子をお送りいたします。

まずは施工前の様子です。

施工前の様子 施工前の様子 施工前の様子

色褪せが進行しており、屋根材が劣化しているのが見て取れます。
瓦は非常に耐久年数の長い屋根材ですが、それ以外の屋根材はおよそ20年程度が耐久年数となります。
トタン屋根など金属屋根は周辺環境にもよりますがもっと短くなるケースもあります。
屋根は普段そこまで気にして見ることのない箇所のため、雨漏りなど大きな被害が出ないとなかなかメンテナンスをしようと思われないのではないでしょうか。
しかし、いざ雨漏りなど大きな被害が起こってしまえば、今回のように上葺き工事では対応できず、もっと大掛かりな修繕工事が必要となってしまいます。
不具合に気づいたら早めに対処するのが屋根工事の鉄則ですが、色褪せもその不具合の一つです。
ご自身のお住まいの屋根を一度じっくりご確認いただき、もし色褪せがひどい場合はメンテナンスを検討してみてください。

まず、既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます。

既存の屋根の上から新たにルーフィングを張っていきます

既存の屋根がまだまだ使える場合、既存屋根の上からルーフィングを張り、屋根をそのまま下地として使うのが上葺き工事になります。
こうすることで既存屋根の撤去費用もかからず、葺き替え工事と比べて工事費用を大きく抑えることができます。
これも早めにメンテナンスを行うメリットと言えるでしょう。

ルーフィングを張り終えれば、続いて新しく屋根材を葺いていきます。

新しく屋根材を葺いていきます 新しく屋根材を葺いていきます 新しく屋根材を葺いていきます

次に棟板金の取り付けを行い、これにて大屋根は施工完了です。

棟板金の取り付け 棟板金の取り付け 棟板金の取り付け 棟板金の取り付け 棟板金の取り付け 大屋根は上葺き工事施工完了 大屋根は上葺き工事施工完了 大屋根は上葺き工事施工完了 大屋根は上葺き工事施工完了

次回は引き続き、下屋根施工の様子などをお送りいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました