横浜市にて屋根修理② ~カバー工法~

屋根修理

こんにちは。

山田工芸、広報担当です。

先日より横浜市にて行っている屋根修理のカバー工法の様子です。

大屋根部分の本体の張り上げ、並びにケラバの取り付けまで完了です。

 

 

そして二階部分の下屋根の施工も進めています。

まず既存の貫を撤去します。

 

そして大屋根と同じく、ルーフィングを敷きます。

  

ルーフィングがすべて敷き終えた後、屋根材本体のディプロマットを葺いていきます。

 

ディプロマット屋根は本体が非常に丈夫なため、加工するのもひと手間かかります。

少し時間が掛かっても、丁寧に一つひとつの確実に行っていきます。

引き続き現場の様子をお送りします。

コメント